美味しい物求めて黄色い愛車(トミーカイラ25R)で全国をドライブ中♪^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

kyusyu2015-405.jpg
5月4日(月)・4日目
今日は熊本から長崎に向かうのに、初九州ドライブで長崎県の島原港から熊本港まで利用した「高速カーフェリーオーシャンアロー」を利用します。


kyusyu2015-402.jpg
普段は1ヵ月前から予約出来るのですが、GWは予約枠がなく当日枠のみだったので、6時起きで熊本港に向かい出航1時間前に到着、無事に整理券をゲット出来ました。


kyusyu2015-403.jpg
これがオーシャンアロー、大型のクルーザーみたでカッコイイですよね~


kyusyu2015-406.jpg
乗船手続きをして出航15分前になって車に戻りました。


kyusyu2015-407.jpg
前回同様に低車高特別扱い無く一般車と並んで乗船、こんなに時間ギリギリで大丈夫か心配しましたが、スタッフの手際の良さで、定刻通り7時半に出航しました!


kyusyu2015-408.jpg
普通のフェリーでは1時間掛かるところ、30分であっという間に島原港に到着しました。


kyusyu2015-409.jpg
下船してから雲仙ロープウェイでの観光を予定してましたが…


kyusyu2015-416.jpg
山頂方面は視界ゼロの濃霧だったので中止にしました。


kyusyu2015-411.jpg
そこでフェリーにあった割引券を利用して「雲仙岳災害記念館がまだすドーム」を見学する事にしました。

大迫力のドーム型スクリーンで火砕流や土石流を擬似体験できる「平成大噴火シアター」や、実際災害にあって亡くなった地元住民や報道関係者の遺品の展示などで、1990年11月に始まった平成噴火が、1996年の噴火終息宣言までに、この島原にどんな災害を起こしたのかを知る事が出来ました。


kyusyu2015-447.jpg
雲仙岳災害記念館の向かいに巨大な坂本竜馬像がありました。この竜馬像は2010南アフリカワールドカップに合わせて東京・国立代々木体育館に設置された「サムライブルー龍馬像」で、大会後に坂本龍馬縁の地として島原に寄贈されたものだそうです。


kyusyu2015-415.jpg
雲仙岳災害記念館見学の後は「道の駅みずなし本陣」へ、ここには普賢岳噴火後に起こった土石流による被災家屋が当時のまま保存されています。


kyusyu2015-417.jpg
この公園周辺は約3m前後の土砂物で埋没したそうですが、土砂物の流れてくるスピードが緩やかだった為、倒壊はせず土砂物に埋もれたそうです。

これだけの災害ですが、非難済みだったので人的被害が無かったの幸いでしょうか。


kyusyu2015-448.jpg
次に島原城に向かいました。そして島原城見学の前に昼食、僕はここでラーメングルメを予定していたのですが、AYAが島原名物の「具雑煮」が食べたいという事で、具雑煮で人気の「姫松屋」さんにしました!


kyusyu2015-420.jpg
具雑煮とは島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われているそうです。


kyusyu2015-419.jpg
こちらの具雑煮には、シロナ、かまぼこ3種類、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐、れんこん、鶏肉、春菊の計12種類の厳選した地元の海や山の食材、それから焼かない丸餅が入っていて、これとしっかりとしたダシが合わさってめっちゃ美味しかったです!!


kyusyu2015-418.jpg
全国名城巡り65城目の長崎県初の島原城です!そして残り5都県になりました。

島原城は1618年から、7年の歳月をかけて築いたもので、五層天守閣を中核に、大小の櫓を要所に配置した、安土桃山期の築城様式を取り入れた壮麗な城だそうです。
明治の御一新で惜しくも解体されてしまいましたが、島原人の心のよりどころとして「お城」の復活を待ち続けて1964年に「天守閣」が復活したそうです!

島原はキリシタンとも深い関係があって、城内にはキリシタン関係の史料などが多く展示されていました。


kyusyu2015-421.jpg
天気が良ければ天守閣最上階からは眺めは絶景なのでしょうが、今日は雲ばかりで残念でした。


kyusyu2015-455.jpg
これで島原観光終了で、今日の宿泊地である長崎市内に向かいました。


kyusyu2015-423.jpg
今日の宿「コンフォートホテル長崎」にチェックイン。


kyusyu2015-424.jpg
この後は長崎の夜景を見に稲佐山へ!初九州ドライブでは長崎到着時間が遅くなって見る事が出来なかったリベンジです!

一休みしてから市電で長崎駅へ向かいました。


kyusyu2015-425.jpg
長崎駅のお土産を物色しつつ時間調整…


kyusyu2015-426.jpg
程好い時間になってバスで稲佐山に向かいました。


kyusyu2015-427.jpg
そしてロープウェイに山頂に向かいます。



ロープウエィで坂の街長崎を実感しながら山頂に到着。


kyusyu2015-430.jpg
展望台に上がるとまだ明るさが残っていて、長崎の街を一望する事が出来ました。


kyusyu2015-429.jpg
しばらくして夕日が沈み始めると…


kyusyu2015-431.jpg
徐々に街に明かりが灯りだし…


kyusyu2015-451.jpg
「世界新三大夜景」に選ばれた見事な夜景が浮かび上がりました!!!


kyusyu2015-470.jpg
長崎の夜景がなぜ美しは、長崎の地形に秘密があるそうです。


kyusyu2015-456.jpg
鶴が羽を広げたような形に見えることから"鶴の港"と称される長崎港を中心に、山々が取り囲むすり鉢状の地形が、長崎独自の立体的でダイナミックな夜景を創り出しているそうです。


kyusyu2015-436.jpg
しばらく夜景を楽しんでいたら、順番待ちをしていた展望台にある「ひかりのレストラン」から電話連絡がありました。


kyusyu2015-435.jpg
夜景が見やすいカウンター席に案内されました♪順番待ちをした時は休憩のためお茶でもするつもりでしたが、丁度お腹が空いてきたのと、ここのメニューにも興味があったので夕飯を食べる事にしました。


kyusyu2015-461.jpg
AYAは長崎名物の「皿うどん」、パリパリの細麺に海鮮のダシが効いた餡がたっぷりと掛かって美味しかったです!


kyusyu2015-460.jpg
僕は限定の「長崎和牛ステーキトルコライス」、ピラフとスパゲティととんかつが一皿に盛られた長崎名物のトルコライスを、長崎和牛が品評会で日本一になったのと、長崎の夜景が世界新三大夜景に選ばれたのを記念したアレンジメニュー!

長崎和牛はめっちゃ柔らかくて、ジュシーで絶品!ピラフとスパゲティも美味しくて、味とボリューム共に大満足でした!!


kyusyu2015-471.jpg
素敵な夜景を見ながらのいディナーは最高でした~


kyusyu2015-437.jpg
再び展望台に上がって、ここに一つだけあるという「ハートライト」を探してみると、意外と簡単に見つかりました♪


kyusyu2015-439.jpg
これで世界新三大夜景に選ばれた長崎夜景観光は終了!


kyusyu2015-450.jpg
最後に記念撮影♪


kyusyu2015-453.jpg
展望台からの帰りのロープウェイは大行列で、山を降りると既にバスが無かったのでタクシーでホテルに戻りました。そして少し飲み足りなかったのでホテル近くで遅くまで開いている「居酒屋 酒庫ら」さんへ。


kyusyu2015-441.jpg
長崎は鯨料理が名物なので、鯨料理をいくつかツマミに注文しました。


kyusyu2015-442.jpg
「刺身盛り合わせ」と「鯨ベーコン」


kyusyu2015-443.jpg
「鯨ベーコン」ってそのまま食べるのが普通ですか?僕の家では炒めて食べた事しかありませんでしたが、AYAは普通だと…そのままの鯨ベーコンも美味しいですね!


kyusyu2015-446.jpg
「すじポン」


kyusyu2015-445.jpg
「くじらカツ」、昔は学校給食にもだ出されていた懐かしい料理の代名詞みたいな鯨カツ、その時よりも美味しく感じましたが、懐かしさも感じました。


kyusyu2015-444.jpg
鯨料理以外に焼き鳥なんかも美味しく頂いて、緊急飛び込みでしたが、良い感じのお店でした♪


5月4日(月)・4日目
熊本港→オーシャンアロー→長崎県→島原港→雲仙岳災害記念館がまだすドーム→土石流被災家屋保存公園→昼食・姫松屋(具雑煮)→島原城→コンフォートホテル長崎→長崎ロープウェイ→稲佐山展望台→長崎夜景→夕食①・ひかりのレストラン(皿うどん、長崎和牛トルコライス)→夕食②・酒庫ら(鯨ベーコン、くじらカツ他)






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://easttiger.blog18.fc2.com/tb.php/2821-2e37dc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック