美味しい物求めて黄色い愛車(トミーカイラ25R)で全国をドライブ中♪^^
d-shikoku2017-401.jpg
5月2日(火)・4日目
早朝5時半、AYAは早起きが苦手なので、僕だけで歩いて宇和島駅に向かいました。


d-shikoku2017-404.jpg
目的は6時04分発・窪川行きの鉄道ホビートレイン!

鉄道ホビートレインが何処で運行されてるかなど事前に何も調べてなくて、昨日宇和島駅を散策していて知りました。


d-shikoku2017-402.jpg
検査などで一般車両に代わる事もあるとの事でしたが、今日は運行されているようです。


d-shikoku2017-489.jpg
入場券を買ってホームへ


d-shikoku2017-409.jpg
これが鉄道ホビートレイン、初代0系新幹線をイメージデザインで話題になった車両です!


d-shikoku2017-410.jpg
忠実に再現された団子鼻の中はこんな感じです。


d-shikoku2017-408.jpg
スタイルだけでなく実際に0系新幹線で使われていたシートも設置されていたり、新幹線の模型が多数展示されているなど車内も遊び心があふれる楽しい列車になっているそうです!


d-shikoku2017-407.jpg
これが後姿、でも窪川駅で転車されないと帰りはこっちが前なのかな?


d-shikoku2017-415.jpg
3番線の鉄道ホビートレインは予土線、2番線の列車は松山行きの予讃線です。



6時04分、鉄道ホビートレイン出発進行!

僕だけだったので携帯で撮った動画を初めてアップ、コマ送りみたいなカクカク動画なんですね。(笑)


d-shikoku2017-414.jpg
宇和島駅にもアンパンマンスタンプがありました。


d-shikoku2017-416.jpg
ばいきんまんのスタンプでしたが、押せる紙など何ももっていませんでした。(笑)


d-shikoku2017-422.jpg
ホテルに戻って一休みしてから出発、今日はざっくりとしが予定決めていないので、行き当たりばったりでどうなるか成り行き次第です。


d-shikoku2017-417.jpg
宇和島から国道56号を北上して大洲城へ


d-shikoku2017-436.jpg
高台にそびえる大洲城。


d-shikoku2017-435.jpg
この急坂や延々と続く階段がお城巡りの大変なところです。(笑)


d-shikoku2017-433.jpg
肱川の河畔に望む大洲城は1331年鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏によって築城されたといわれ、その後藤堂高虎等によって大規模に修築され、伊予大洲藩の政治と経済の中心地となったそうです。


d-shikoku2017-428.jpg
当時の繁栄振りを再現した模型、珍しく城内の写真撮影可でした。


d-shikoku2017-426.jpg
天守閣は2004年に市民による寄付等によって復元、太い立派な木材や急階段などは当時のままの様です。


d-shikoku2017-430.jpg
だから頭上には気をつけてちょんまげ♪(笑)


d-shikoku2017-425.jpg
城内に突然「銀河鉄道999」の絵が展示されいました。これは作者の松本零士さんが小学生の頃大洲市新谷に疎開していたという縁で書かれた絵で、背景には疎開していた当時の風景が描かれているそうです。



大洲城からは肱川に掛かる鉄橋を渡る予讃線の列車がよく見えます!


d-shikoku2017-419.jpg
その列車に向かって旗を振る体験がしたかったのですが、これは観光列車である伊予灘物語が通過する時だけという事で残念でした。


d-shikoku2017-431.jpg
肱川には列車だけでは野鳥もたくさん、この写真だけでもアオサギ、シラサギ、カワウなど14羽も集まっていて凄かったです!!


d-shikoku2017-450.jpg
昼食を決めていなかったので大洲で見つけたお店に行こうと思ったらまた駐車場問題、お城の駐車場にとめたまま歩くべきだったかもと反省。

次の目的地である松山までには何かお店が見つかるだろうと走り出しました。


d-shikoku2017-440.jpg
しかし結局何も見つけられず、目的地である松山坊ちゃんスタジアムのある松山中央公園に着いてしまいました。ここで「ラーメン、うどん、コーヒー」などと書かれた幟を見つけ行ってみると、それは松山競輪場のフードコートでした。


d-shikoku2017-441.jpg
今日はここでの開催ではなく場外発売だけで、入場料もタダだしそれほどお客さんも多くなくレストランも空いていたのでここで食べる事にしました。


d-shikoku2017-443.jpg
今日は名物でなくても思ったら、麺房さんに「松山名物三津の朝市食堂」で人気に中華そばというのがあったので、僕はこれにしました。


d-shikoku2017-438.jpg
いりこダシに野菜は炒めずスープで煮込み、野菜の甘みが溶け込んだスープは美味しかったです!


d-shikoku2017-442.jpg
AYAはりんりん亭さんのとろとろ玉子の「カツ丼」、りんりん亭という場違いに可愛い名前だと思ったら、AYAが競輪場だけにでは?気が付きました♪


d-shikoku2017-449.jpg
昼食後は松山坊ちゃんスタジアムへ


d-shikoku2017-448.jpg
こちらにある野球大国松山の歴史やプロ野球の貴重な資料や映像が楽しめる「の・ボールミュージアム」が目的だったのですが、残念ながら今日は休館日でした。


d-shikoku2017-461.jpg
辺りを散策していると元ヤクルトスワローズの古田選手の記念碑がありました。古田選手はここ坊ちゃんスタジアムで、2005年にプロ野球史上32人目とある2000本安打を達成したそうです!


d-shikoku2017-444.jpg
その近くにはヤクルトスワローズ2015リーグ制覇の記念碑、ヤクルトファンのAYAでがなく阪神ファンの僕が記念撮影してるのは何故でしょか?(爆)

それにして来週はヤクルト対中日戦が行われるそうですが、ヤクルトと縁が深い球場でしたっけ?


d-shikoku2017-451.jpg
松山から国道317号で今治に向かい今治城へ

今治城は今回で3回目、2007年8月にしまなみ街道に向かう途中に外観だけ見学、2011年9月には今治泊で夕飯帰りにライットアップされた今治城を見ました。


d-shikoku2017-483.jpg
「鉄御門」、鉄御門再建は今治城築城開町400年記念の事業として2007年に完成したそうですが、最初に来たときはなかったような気がします。


d-shikoku2017-485.jpg
1604年藤堂高虎によって築城、今治城完成以前の今治の支配拠点は唐子山山頂にあった国府城でしたが、より能率的な都市経営を目指すため築城されたそうです。


d-shikoku2017-481.jpg
構造は三重の堀に海水を引き入れた特異な構造で、当時は海から堀へ直接船で入ることができるなど海上交通の要所今治らしく海を最大限に活用した城で日本三大水城の1つ。


d-shikoku2017-482.jpg
そして今でもお堀には海水魚が入ってくるそうです。


d-shikoku2017-463.jpg
天守閣までは坂も階段もなく楽かと思いきや、建物が高くて上るのがめっちゃ大変でした。


d-shikoku2017-486.jpg
その分来島海峡大橋が見渡せる絶景でした♪


d-shikoku2017-490.jpg
あっ愛媛の人気ゆるキャラ「みきゃん」のランピングバスも見られました♪


d-shikoku2017-466.jpg
観光を終えて「ホテル菊水今治」にチェックイン。


d-shikoku2017-480.jpg
一休みしてからホテルの無料レンタサイクルを借りて、町ブラしつつ夕飯を食べに行きます。


d-shikoku2017-478.jpg
夕飯は珍しく町の中華屋さん「重松飯店」さんです♪


d-shikoku2017-469.jpg
お目当てはこの「焼豚玉子飯」、今治のB級グルメとしてテレビに取り上げられ、この日は20人ぐらいが行列してました。でも焼豚玉子飯だけ食べて帰るお客さんも多く回転は早かったです。


d-shikoku2017-475.jpg
焼豚玉子飯以外にもメニューが豊富なので、うちは餃子とエビうま煮も注文しました。


d-shikoku2017-476.jpg
「餃子」、皮薄めであっさり系の餃子、1皿7個というの珍しいですよね?


d-shikoku2017-474.jpg
「エビうま煮」、ふわっとした衣に包まれたプリップリ海老がたっぷり入ってました♪


d-shikoku2017-473.jpg
「焼豚玉子飯(並)」、焼豚はこってりとしたバラ肉とあっさりしたもも肉の2種類、あまり違いは分かりませんでしたがレンゲで半熟貴美を割って、甘めのタレ掛かった焼豚とご飯に絡めて口に入れるとめっちゃ美味しかったです!!


d-shikoku2017-471.jpg
今治の人気ゆるキャラ「バリィさん」の重松飯店(しげはん)さんオリジナルバージョンに見送られながらホテルに戻って就寝です。


5月2日(火)・4日目
宇和島駅→鉄道ホビートレイン→大洲城→昼食・松山競輪場フードコート(中華そば、カツ丼)→坊ちゃんスタジアム→今治城→ホテル菊水今治→夕食・重松飯店(餃子、エビうま煮、焼豚玉子飯)