美味しい物求めて黄色い愛車(トミーカイラ25R)で全国をドライブ中♪^^

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

p801-18-02.jpg
四国でのグルメ&ドライブは4回目で、今回は四国をぐるっと1周を目指します♪

これまで毎回四国をぐるっと1周するつもりでドライブを計画するのですが、僕が四国を凄く小さく考えていたり、急なイベントで予定変更になったりで毎回ぐるっと1周できてませんでした。

特に過去3回中2回も高知県入りに失敗しているので高知県ではじっくり観光グルメを楽しみたいとのと、今回は四国入りの度に通過していた兵庫県淡路島での観光&グルメもプラスしました!


d-shikoku2017-101.jpg
4月29日(土)・1日目
前夜8時過ぎに出発、東名海老名SAで夕食を食べてから、延長された新東名で名古屋まで行き新名神に入って甲南PAで仮眠をとりました。

GW大渋滞だった場合は無理せず今日一杯使って四国入りすればOKとも考えていましたが、大阪付近での事故渋滞数キロ以外は順調で朝9時には明石海峡大橋を渡れました!


d-shikoku2017-103.jpg
明石海峡大橋を渡って淡路島へ♪


d-shikoku2017-145.jpg
淡路SAで休憩、ここ淡路SAは景色が良くグルメも充実、観覧車もあって親子連れにも大人気なので連休だと大混雑、でもまだ朝早かったので余裕で駐車できました。


d-shikoku2017-102.jpg
明石海峡大橋をバックに記念撮影♪

このあとは予定通り淡路島を南下しながら観光&グルメを楽しみつつ四国を目指します!


d-shikoku2017-105.jpg
淡路ICを出て直ぐの場所にある「絵島(えしま)」 は古事記に出てくる国生み神話のひとつ、日本最初の国土「 オノコロ島」としての伝承地の1つとされているそうです。

また和歌を詠む名所として名高く「平家物語」にも栄華の夢に耽った人々は絵島の月を見ようとして須磨から明石海峡を 渡り、絵島の月を愛でながら歌会を催した記述があるそうですが、駐車場がなくゆっくり観光する事ができず残念でした。


d-shikoku2017-106.jpg
淡路島を南下していくと巨大な観音様が見えてきました。

これは全長100mの「世界平和大観音」、バブル期に建てられた個人所有の観音様で現在は放置されていて廃墟化、そんな痛々しい菅と首回りがギブスのように見える事から「むち打ち観音」とも呼ばれているとか!?


d-shikoku2017-146.jpg
「八浄寺」、淡路島七福神霊場の総本山、身心の裕福を授ける神「開運大黒天」を祀る大黒天霊場で、淡路島七福神巡りの1つでもあります。


d-shikoku2017-109.jpg
手水舎では七福神が揃って迎えてくれます。


d-shikoku2017-108.jpg
本堂で旅の安全祈願をさせて頂きました♪


d-shikoku2017-150.jpg
一気に淡路島最南端に向かい「うずの丘大鳴門橋記念館」へ


d-shikoku2017-121.jpg
その名の通り展望台からは大鳴門橋を望む絶景が見られます!


d-shikoku2017-112.jpg
昼食は「あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン」さんです♪


d-shikoku2017-152.jpg
淡路島の名産品といえば玉葱です。


d-shikoku2017-115.jpg
その名産品の玉葱を使って「全国ご当地バーガーグランプリ」の1位なった「あわじ島オニオンビーフバーガー」と2位なった「あわじ島オニオングラタンバーガー」を頂きます。


d-shikoku2017-114.jpg
「あわじ島オニオンビーフバーガー」、主役はもちろん玉葱で厚切りした路島産玉葱をサクサクのカツにした上に、甘辛く炊いた淡路牛とトマトソースをトッピング、玉葱の甘みと衣のサクサク食感に牛肉の旨みとトマトソースの酸味がマッチしてめっちゃ美味しかったです!!

「あわじ島オニオングラタンバーガー」、同じく淡路島産玉葱カツを主役に、淡路鶏と淡路島牛乳を使ったオニオングラタンソースをトッピング、グラタンソースやジューシーな淡路鶏にも負けない玉葱の存在感にはビックリでこちらも美味しくて大満足でした!!


d-shikoku2017-151.jpg
淡路島では何でも玉葱♪(笑)


d-shikoku2017-123.jpg
巨大な玉葱オブジェ「おっ玉葱(たまねぎ)」♪


d-shikoku2017-120.jpg
顔出しパネル「玉ねぎになりたい」♪


d-shikoku2017-122.jpg
究極は「たまねぎキャッチャー」、UFOキャッチャーで玉葱を取るゲームで、景品は何と「玉葱1.2キロ」だそうです!(笑)


d-shikoku2017-127.jpg
近くに「玉葱神社」があるというので行ってみる事にしました。途中周りは一面の玉ねぎ畑、ちょうど新玉葱の収穫時期で農家の皆さんが一生懸命作業されていました。


d-shikoku2017-126.jpg
「玉葱神社」は亀岡八幡神社の境内にあります。


d-shikoku2017-148.jpg
玉葱神社は1952年に亀岡八幡宮境内に建立、当時の米の裏作の主流は麦であったみたいですが、麦に変わる農作物として玉ねぎ栽培が盛んにおこなわれるようになり、新しい生活の糧と成った玉葱玉ねぎに願いをこめて神社が造られたそうです。



うずの丘展望台から見た「大鳴門橋」を渡って徳島県へ


d-shikoku2017-130.jpg
「東横イン徳島駅前」にチェックイン。


d-shikoku2017-132.jpg
夕飯は「居酒屋とくさん」さんです♪


d-shikoku2017-153.jpg
こちらで徳島県のブランド地鶏阿波尾鶏と鳴門海峡の海の幸を頂きます。


d-shikoku2017-133.jpg
ビールと「贅沢ゆず酒(徳島産木頭ゆず)」で乾杯♪

AYAが珍しくお酒と思ったら、今回の旅行では何度か各地の名産品を使ったお酒を楽しんでいます。


d-shikoku2017-135.jpg
「刺身盛り合わせ(アオリイカ、鳴門鯛、マグロ、カンパチ)」、食べたかのはアオリイカで程好いねっとり感と甘みで美味しかったです!


d-shikoku2017-134.jpg
「タケノコと春野菜の煮物」、今年はタイミングがなくこれが初タケノコで香りも良く柔らかかったです。煮物の味付けも最高でした♪


d-shikoku2017-136.jpg
「マグロの胃袋唐揚」、マグロの胃袋は干物みたいでお土産にもなっていました。味付けは竜田揚げ風で食感はホルモン似かな?でめっちゃ美味しかったです!!


d-shikoku2017-137.jpg
「淡路島産新玉ねぎスライス」、昼間観光してきた淡路島の新玉ねぎ、めっちゃ新鮮で水々しかったです!


d-shikoku2017-138.jpg
「阿波尾鶏焼鳥」、柔らかくてジューシーで甘めのタレも良い感じした♪

d-shikoku2017-139.jpg
「阿波尾鶏手羽先(塩)」、10年前初めての阿波尾鶏の手羽先を食べた時もその大きさにビックリでした。パリッパリに焼き上げられた皮と、たっぷり食べ答えがあるの身と、その美味しさに大満足でした!!

味付けの塩は「鳴門天然うず塩」という地元の塩に拘っているそうです♪


d-shikoku2017-140.jpg
「親鳥」、めっちゃ歯応えがあって噛めば噛むほど旨みが染み出してきました♪


d-shikoku2017-142.jpg
「鳴門レンコンの天ぷら」、レンコンの味が濃くて天汁も塩も付けなくて美味しく食べらちゃいました♪


d-shikoku2017-141.jpg
シメは「鳴門鯛のあら煮」、やっぱり煮付けにはご飯がぴったりで大満足でした♪


d-shikoku2017-144.jpg
明日は早朝出発なのでホテルに戻って早めに就寝しました。


4月29日(土)・1日目
新東名→新名神→兵庫県→明石海峡大橋→淡路SA→絵島→八浄寺→うずの丘大鳴門橋記念館→昼食・あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン(あわじ島オニオンビーフバーガー、あわじ島オニオングラタンバーガー)→玉葱神社→大鳴門橋→徳島県→東横イン徳島駅前→夕食・居酒屋とくさん(地魚刺身、鳴門鯛料理、阿波尾鶏料理、マグロの胃袋唐揚、他)







d-shikoku2017-201.jpg
4月30日(日)・2日目
早朝6時にホテルをチェックアウト、徳島から高知県の室戸岬を目指します♪

初四国の時もこのルートをドライブするつもりでしたが、距離を半分ぐらいに考えていて時間的に無理という事で中断、という事で15年ぶりのリベンジドライブのスタートです!


d-shikoku2017-284.jpg
国道55号を南下、しばらくすると海岸沿いに出て景色の良い中をドライブするもなかなか高知県入りできずちょっと不安に…


d-shikoku2017-283.jpg
徳島と高知の県境は僕が思っていたよりかなり南なんですね。(笑)


d-shikoku2017-205.jpg
約2時間のドライブで無事2回目の高知県入り達成しました!


d-shikoku2017-207.jpg
カーナビの「高知県に入りました♪」も貴重な2回目、高知県の絵は高知県原産で日本の特別天然記念物に指定されているオナガドリ(尾長鳥、尾長鶏)でした。


d-shikoku2017-202.jpg
「夫婦岩」、鹿岡鼻にあるしめ縄で結ばれた2本の岩柱で室戸を代表する景観の1つで、全国にある夫婦岩の中でも規模の大きい部類に入るそうです。


d-shikoku2017-203.jpg
ここから室戸岬まではもう直ぐです。


d-shikoku2017-211.jpg
そして3時間弱のドライブで憧れの室戸岬に到着しました!


d-shikoku2017-216.jpg
室戸市観光協会の駐車場に展望台があったので上がってみました。


d-shikoku2017-217.jpg
海が真っ青でめっちゃキレイでした♪


d-shikoku2017-212.jpg
「御厨人窟(みろくど)」、室戸市には弘法大師(空海)縁の場所が数多く残っている1つがこの御厨人窟で、修行時の住居として使われていたと伝えられていて、 約1200年前の平安時代若かりし大師が悟りを開いたといわれる洞窟で、内には五所神社と呼ばれる社があります。 “空海”と名前をつけたのもここから見える空と海に感銘を受けたからと言われているそうです。


d-shikoku2017-214.jpg
以前は洞窟内に入れたそうですが、現在は落石等により立入禁止になっていて残念でした。

d-shikoku2017-220.jpg
室戸スカイラインを上がって「室戸岬灯台」へ


d-shikoku2017-221.jpg
縁の地という事で入り口には大師様の像がありました。


d-shikoku2017-222.jpg
室戸岬の高台に立っているので灯台自体はあまり高くありませんが、レンズは日本に5ヶ所しかない直径2.6メートルの第一等フレネル式レンズを備えた第1等灯台で、光達距離26.5海里(約49km)は日本一なんだそうです!


d-shikoku2017-224.jpg
室戸は捕鯨で栄えた町で、あちらこちら鯨に絵やモニュメントがありました。


d-shikoku2017-226.jpg
昼食は道の駅キラメッセ室戸に併設されている鯨料理店「食遊 鯨の郷 (いさのごう)」さんです♪


d-shikoku2017-285.jpg
こちらで鯨料理を頂きます♪


d-shikoku2017-229.jpg
「鯨刺身定食」、今や貴重な鯨肉を厚切りでたっぷりと、鮮度を保つ為に半解凍で提供されるのはどうなかと思ったら、口の中で丁度良く解けて違和感なく鯨肉を味わえて美味しかったです!


d-shikoku2017-227.jpg
「鯨竜田揚定食」、お肉は柔らかく味付けも良く、鯨肉といえば竜田揚げはやっぱり鉄板の美味しさでした!!


d-shikoku2017-232.jpg
室戸岬から阪神タイガースの町安芸へ


d-shikoku2017-233.jpg
車をとめてトラッキーのモニュメントが飾られている球場前駅を撮影していたら突然!?



「阪神タイガース列車」が現れました!!!

恥ずかしながらその存在を知らなかったのですが、平成15年から土佐黒潮鉄道ごめんはなり線で運行されているそうで、思いがけない出会いに感動しちゃいました♪


d-shikoku2017-237.jpg
安芸タイガース球場は球場前駅から坂を登った先にあり、途中には阪神タイガース歴史を振り返るボードが設置されていて、安芸キャンプ開始は昭和40年で僕が生まれる前からここは阪神の町だったんですね。


d-shikoku2017-239.jpg
1985年伝説の日本一!


d-shikoku2017-243.jpg
2003年リーグ優勝!御堂筋のVパレード見に行きました♪


d-shikoku2017-244.jpg
2005年リーグ優勝!黄金時代到来かと思いきや、あっという間に12年も経っています。


d-shikoku2017-282.jpg
今年こそ安芸タイガース球場キャンプの成果を生かして、リーグ優勝そして日本一を達成して欲しいです!


d-shikoku2017-241.jpg
「野良時計」、家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主であった畠中源馬氏が自分で時計組み立ての技術を身につけ歯車から分銅まで手づくりで作り上げた時計台で、古くから周辺で農作業をしていても遠くから時間を知ることができ、野良時計として現在も多くの人々に親しまれているそうです。


d-shikoku2017-254.jpg
「手結港可動橋」手結港(ていこう)には船舶通過時間に道路が跳ね上がる橋があります。跳開式可動橋と言われ隅田川の勝鬨橋と同じ方式みたいです。


d-shikoku2017-253.jpg
時間になると道路に設置された遮断機が下りて、道路が垂直近くまで立ち上がり圧巻の風景なんですが、タイミングが悪く稼動までは1時間もあったので諦めました。


d-shikoku2017-255.jpg
道の駅やすで「小夏ジュース」を飲んで一休み♪


d-shikoku2017-290.jpg
高知市に入り「ウエルカムホテル高知」にチェックインしました。


d-shikoku2017-259.jpg
ウエルカムホテルでウエルカムドリンク♪


d-shikoku2017-280.jpg
高知県といえばアンパンマン!一休みしてか高知駅散策へ出掛けようと市電乗り場へ行くアンパンマンのデザイン市電が通過していきました。


d-shikoku2017-279.jpg
自分達が乗るのもアンパンマンのデザイン市電だと思ったら、乗り場を間違えていて行ってしまいました。(笑)


d-shikoku2017-260.jpg
高知駅を散策しているとJRのアンパンマン・グリーン列車が入線していました。



アンパンマン・グリーン列車が出発進行♪


d-shikoku2017-261.jpg
高知駅前には「武市半平太」「坂本龍馬」「中岡慎太郎」の巨大な像が建っています。これは大河ドラマ「坂本龍馬」の放映の翌年2011年7月から高知で開催された「志国高知 龍馬ふるさと博」のシンボルとして、観光振興、地域活性化を願い、また「土佐勤王党」結成150年を記念して建てられたそうです。


d-shikoku2017-266.jpg
夕飯は「居酒屋はがじぞう」さんです♪


d-shikoku2017-267.jpg
ビールと高知名産のポンカンを使った「ポンカン酎ハイ」で乾杯♪


d-shikoku2017-268.jpg
「土佐ジローもつ刺身盛」

高知のブランド地鶏土佐ジローのレバー、スナズリ、白子、ハート、トサカ、どれも新鮮でめっちゃ美味しかった!特に初めての白子とトサカ、白子はトロっとした食感で濃厚な旨みでした!!


d-shikoku2017-269.jpg
僕は今回初めて食べる「トサカ」を楽しみにしていました。どの地鶏にもトサカはあるのに何故か食べるのは土佐ジローだけという謎の食材、トサカってプルプルして柔らかそうですが、意外にも食感は軟骨の様で味はあっさりとした美味しさでした!!

d-shikoku2017-281.jpg
「土佐ジロー串焼全部盛」、もも、むね、手羽先、手羽元、皮、白子、ささみ、ズリ、レバー、・ハート、トサカなど土佐ジロー全部位の串焼きです。

ここでも注目は白子とトサカ、白子は想像の範囲内ですが、トサカは焼くとまったく別物の様にムニュっとした柔らかい食感になってある意味こちらがイメージ通りですが、僕は刺身の方が好みでした♪


d-shikoku2017-289.jpg
「カツオのタタキ」、高知といえば外せないと注文したら、今までで1番かもという美味しさでした♪


d-shikoku2017-270.jpg
「土佐赤牛ヒレ塩焼」、あっさりとしているのに旨みは濃厚で柔らかく、焼き加減も絶妙で絶品でした!!


d-shikoku2017-274.jpg
AYAのお代わりは高知産ゆずの「ゆず酎ハイ」♪


d-shikoku2017-276.jpg
「四万十米豚バラカツ」、高知県のブランド地鶏、ブランド牛肉、ブランド豚肉を制覇!肉の旨みと脂の甘みのバランス良い感じでした♪


d-shikoku2017-273.jpg
「ナスのタタキ」、高知県の特産品ナスを使った1品です♪


d-shikoku2017-272.jpg
「四万十町の太アスパラ(茹で)」、アスパラ好きなAYAが納得の美味しさでした♪


d-shikoku2017-277.jpg
シメは「土佐ジローの玉子だけチャーハン」、これ絶品!!!土佐ジローの卵は美味しいと評判らしいのですが、それにしても具は玉子だけなのに食べるが止まらない美味しさでした。

以前から食べたいと思っていた土佐ジローのトサカ、予想外に初めてだった白子、そして絶品のチャーハンなど今日も大満足でした♪


d-shikoku2017-278.jpg
ホテルに戻って坂本龍馬と記念撮影をして就寝です。


4月30日(日)・2日目
徳島→国道55号→高知県→夫婦岩→室戸岬→御厨人窟→室戸岬灯台→昼食・食遊鯨の郷(鯨刺身定食、鯨竜田揚定食)→安芸タイガースタウン→阪神タイガース電車→野良時計→手結港可動橋→道の駅やす(小夏ジュース)→ウェルカムホテル高知→高知駅散策→夕食・居酒屋はがじぞう(土佐ジローもつ刺身盛、土佐ジロー串焼全部盛、土佐赤牛ヒレ塩焼、四万十米豚バラカツ、他)







d-shikoku2017-301.jpg
5月1日(月)・3日目
今日はのんびり予定なので珍しくホテルで朝食、充実した内容でした♪


d-shikoku2017-303.jpg
ホテルをチェックアウトして高知駅に向かいました。


d-shikoku2017-304.jpg
今日はアンパンマン・オレンジ列車(特急南風6号)に乗ります!

元々は見学だけの予定でしたが時間に余裕があったので、駅員さんに尋ねると予約なしでもOKという事で急遽、特急1区間である後免駅(普通電車で5駅)の乗車を決めました。


d-shikoku2017-334.jpg
ホームで待っていると8時01分発のアンパンマン・オレンジ列車やってきました!って先頭が普通車両とはやられました。


d-shikoku2017-384.jpg
これがアンパンマン・オレンジ列車の先頭車両です!(後免駅で撮影)



出発するとアンパンマンの車内アナウンス、初めての音鉄体験かな!?(笑)


d-shikoku2017-306.jpg
うちが乗った自由席は天井のイラスト以外は普通車両と変わらなかったので、高知駅を出発して後免駅までの間に車内探検しました♪


d-shikoku2017-307.jpg
普通電車と接続してるので最後尾のアンパンマンが中から見られました。


d-shikoku2017-312.jpg
先頭車両は車内にアンパンマンが溢れていて、子供たちにとっては夢の列車ですね♪


d-shikoku2017-311.jpg
座席もアンパンマン♪


d-shikoku2017-313.jpg
アンパンマン・オレンジ列車限定スタンプをゲット。


d-shikoku2017-390.jpg
あっという間に約15分で後免駅に到着です。


d-shikoku2017-383.jpg
後免駅で下車して記念撮影♪



アンパンマン・オレンジ列車は岡山駅に向かって行きました!


d-shikoku2017-319.jpg
改札を出て帰りの切符を買ったら即再入場です。


d-shikoku2017-318.jpg
後免駅には土佐黒潮鉄道ごめん・はなり線も発着しているので、昨日見た阪神タイガース電車もくるのかも。


d-shikoku2017-316.jpg
電車を待っている間にホームにあったアンパンマンベンチに座って記念撮影♪


d-shikoku2017-321.jpg
帰りはのんびり景色を眺めつつローカル列車の旅しました。


d-shikoku2017-322.jpg
高知駅に戻ってアンパンマン列車乗車体験は終了です♪


d-shikoku2017-333.jpg
今年3月に高知駅内にアンパンマン列車ひろばオープンしました!

讃線800系アンパンマン列車とアンパンマントロッコの2台のミニチュアでは運転士さんの気分で記念撮影ができます。


d-shikoku2017-330.jpg
アンパンマン列車ひろばのシンボル♪



鉄道模型のジオラマになっていて、時間になると運行されている全てのアンパンマン列車が登場!


d-shikoku2017-326.jpg
アンパンマン列車の情報も満載、意外にたくさんあるので制覇するは大変そう!?(笑)


d-shikoku2017-328.jpg
最後に高知駅限定のメロンパンナちゃんスタンプをゲットしました。


d-shikoku2017-335.jpg
アンパンマン階段を下りて改札を出ました。


d-shikoku2017-341.jpg
高知駅構内にある「焼きたてパン ウィリーウィンキー」さんへ♪


d-shikoku2017-342.jpg
こちらには公認された「アンパンマンパン」があります。


d-shikoku2017-337.jpg
種類はアンパンマン、しょくぱんまん、おむすびまん、カレーパンマン、クリームパンダの5種類、公認だけにどれもしっかりした作りです。


d-shikoku2017-339.jpg
うちはアンパンマンとしょくぱんまんの2種類を選択、アンパンマンはつぶ餡パンでしょくぱんまんは固めのフレンチトーストでイチゴジャムをサンド、見た目だけでなく味もしっかりでした♪


d-shikoku2017-336.jpg
高知駅を出発してゆるキャラ「しんじょう君」の故郷須崎市に向かいます。


d-shikoku2017-345.jpg
その前に高知市内にある「地球33番地」に寄ってみました。


d-shikoku2017-343.jpg
地球33番地は東経133度33分33.333秒・北緯33度33分33.333秒の地点を指す愛称、このように経緯度の数字が並ぶ地点は海の中や砂漠などに位置することが多く、川の中とは言え都市部にあることは世界的にも極めて珍しいそうです!


d-shikoku2017-346.jpg
でもそれだけでは川向こうの実地点まで行くのは面倒でパスでした。


d-shikoku2017-350.jpg
国道56号を西に向かい須崎市へ、昼食は全国ラーメングルメ完成のため須崎市名物の「鍋焼きラーメン」を頂きます。


d-shikoku2017-348.jpg
しかし予定していたお店は駐車場が狭く断念、そんな時用に調べておいた「道の駅かわうその里すさき」にしました。


d-shikoku2017-351.jpg
2階の「レストランとれた亭」さんで「鍋焼きラーメン」を注文。

鍋焼きラーメンには7つの定義があるそうです。1・スープは親鳥の鶏がら醤油ベースであること、2・麺は細麺ストレートで少し硬めに提供されること、3・具は親鳥の肉、ねぎ、生卵、ちくわ(すまき)などであること、4・器は土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること、5スープが沸騰した状態で提供されること、6・たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること、7・全てに「おもてなしの心」を込めること。


d-shikoku2017-353.jpg
その定義を守った鍋焼きラーメン、親鳥の鶏がらダシが効いたスープとストレート細麺は僕好みでめっちゃ美味しかったです!!!


d-shikoku2017-356.jpg
このあと道の駅なぶら土佐佐賀で「文旦ジュース」を飲んだりしつつ、佐田の沈下橋でのリベンジ撮影に向かったのですが何と迷子、初めての時には何の問題もなく行けたのに不思議です。


d-shikoku2017-364.jpg
1度行ってるだけに無駄に体力を使うよりはと諦めて今日宿泊する宇和島に向かいました。本当は今回高知県で2泊したかったのですが、高知県西部では思うように宿泊&グルメができなくて愛媛県入りとなりました。


d-shikoku2017-359.jpg
「宇和島第一ホテル」にチェックイン。


d-shikoku2017-360.jpg
一休みしてから宇和島商店街を散策しつつ、夕飯前に宇和島駅を散策。


d-shikoku2017-361.jpg
宇和島駅のホームには「しまんトロッコ」♪

元祖トロッコ列車「清流しまんと号」のトロッコ車両を水戸岡鋭治氏デザインにより平成25年10月にリニューアルした「しまんトロッコ」、車両は四万十川の風景に映えるようにと山吹色したそうです。


d-shikoku2017-363.jpg
今日の夕飯は「海鮮料理 ほずみ亭」さんです♪


d-shikoku2017-365.jpg
ビールと「宇和ゴールド生搾りサワー」で乾杯♪

宇和ゴールドは愛媛県が生産量トップの黄色くて大きな柑橘類です。付き出し「走り貝」、形が変わっていて取り出しにくいけど美味しかったです。


d-shikoku2017-366.jpg
「豊後さば」、有名な関さばと同じ豊後水道で水揚げされたもので、組合員が一本釣りしたのが関さばでそれ以外が豊後さばという事で基本的に同じなのにお得、以前大分に行った時は関アジは食べられましたが関さばは食べられなかったので楽しみにしていました。

初めての生さば、この時期だからなのか意外にあっさり、それでも身はプリッとして旨みは十分でめっちゃ美味しかったです!!!


d-shikoku2017-367.jpg
「太刀魚竹巻」、宇和島の郷土料理、宇和海ではタチウオ漁が盛んで、肉厚で脂がたっぷりとのったタチウオを天然竹に巻き付け、焼き上げた物、甘辛いかと思ったらすっきりとタレで焼き上げられていました♪


d-shikoku2017-369.jpg
「深浦かつお刺身」、宇和島の深浦漁港で水揚げされたカツオ、高知ではタタキだったので生にしてみました!


d-shikoku2017-370.jpg
「小いかみがらし」、みがらしとは酢味噌和えの事、茹でた小さいスミイカをAYAは酢味噌和え、酢味噌が苦手な僕はワサビ醤油で頂きました。


d-shikoku2017-371.jpg
「とらはぜ天ぷら」、とらはぜは身がふんわりとして天ぷらにピッタリ、珍しく頭も天ぷらになっていたのですが口に入れたら骨が当たるので骨をしゃぶりながら身を頂きました。唐揚げと違ってそのままは無理って言ってもらわないと!?(笑)


d-shikoku2017-372.jpg
AYAが飲んだ謎のお酒♪(爆)


d-shikoku2017-373.jpg
「まとうだい煮付け」、めっちゃ大きい、味も美味しくて値段からしたらお得だけど2人で食べきるのはちょっと大変ばぐらいの大きさでした!


d-shikoku2017-374.jpg
シメはやっぱり「鯛めし」です♪

宇和島風鯛めしは宇和島でとれた新鮮なマダイの刺身を、ダシ汁、醤油、酒、卵黄の作ったタレと混ぜるタイプ、よく混ぜてからご飯に掛けて食べたらこれがめっちゃ美味しい!!!

歯応えプリップリの鯛はもちろんですが、鯛がなくても思うぐらいダシの効いたタレが美味しかったです!!!


d-shikoku2017-375.jpg
初めての生さば、宇和島の郷土料理の太刀魚竹巻、鯛めし、昼食の鍋焼きラーメン、今日も大満足でした♪


d-shikoku2017-376.jpg
ライトアップされた宇和島城を眺めつつホテルに戻って就寝です。


5月1日(月)・3日目
高知駅→アンパンマン・オレンジ列車→後免駅→土讃線→高知駅→焼きたてパンウィリーウィンキー(アンパンマンパン、しょくぱんまんぱん、他)→地球33番地→道の駅かわうその里すさき→昼食・旬鮮とれた亭(鍋焼きラーメン)→道の駅なぶら土佐佐賀(文旦ジュース)→宇和島第一ホテル→夕食・海鮮料理ほずみ亭(豊後さば、太刀魚竹巻、深浦かつお刺身、鯛めし、他)






d-shikoku2017-401.jpg
5月2日(火)・4日目
早朝5時半、AYAは早起きが苦手なので、僕だけで歩いて宇和島駅に向かいました。


d-shikoku2017-404.jpg
目的は6時04分発・窪川行きの鉄道ホビートレイン!

鉄道ホビートレインが何処で運行されてるかなど事前に何も調べてなくて、昨日宇和島駅を散策していて知りました。


d-shikoku2017-402.jpg
検査などで一般車両に代わる事もあるとの事でしたが、今日は運行されているようです。


d-shikoku2017-489.jpg
入場券を買ってホームへ


d-shikoku2017-409.jpg
これが鉄道ホビートレイン、初代0系新幹線をイメージデザインで話題になった車両です!


d-shikoku2017-410.jpg
忠実に再現された団子鼻の中はこんな感じです。


d-shikoku2017-408.jpg
スタイルだけでなく実際に0系新幹線で使われていたシートも設置されていたり、新幹線の模型が多数展示されているなど車内も遊び心があふれる楽しい列車になっているそうです!


d-shikoku2017-407.jpg
これが後姿、でも窪川駅で転車されないと帰りはこっちが前なのかな?


d-shikoku2017-415.jpg
3番線の鉄道ホビートレインは予土線、2番線の列車は松山行きの予讃線です。



6時04分、鉄道ホビートレイン出発進行!

僕だけだったので携帯で撮った動画を初めてアップ、コマ送りみたいなカクカク動画なんですね。(笑)


d-shikoku2017-414.jpg
宇和島駅にもアンパンマンスタンプがありました。


d-shikoku2017-416.jpg
ばいきんまんのスタンプでしたが、押せる紙など何ももっていませんでした。(笑)


d-shikoku2017-422.jpg
ホテルに戻って一休みしてから出発、今日はざっくりとしが予定決めていないので、行き当たりばったりでどうなるか成り行き次第です。


d-shikoku2017-417.jpg
宇和島から国道56号を北上して大洲城へ


d-shikoku2017-436.jpg
高台にそびえる大洲城。


d-shikoku2017-435.jpg
この急坂や延々と続く階段がお城巡りの大変なところです。(笑)


d-shikoku2017-433.jpg
肱川の河畔に望む大洲城は1331年鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏によって築城されたといわれ、その後藤堂高虎等によって大規模に修築され、伊予大洲藩の政治と経済の中心地となったそうです。


d-shikoku2017-428.jpg
当時の繁栄振りを再現した模型、珍しく城内の写真撮影可でした。


d-shikoku2017-426.jpg
天守閣は2004年に市民による寄付等によって復元、太い立派な木材や急階段などは当時のままの様です。


d-shikoku2017-430.jpg
だから頭上には気をつけてちょんまげ♪(笑)


d-shikoku2017-425.jpg
城内に突然「銀河鉄道999」の絵が展示されいました。これは作者の松本零士さんが小学生の頃大洲市新谷に疎開していたという縁で書かれた絵で、背景には疎開していた当時の風景が描かれているそうです。



大洲城からは肱川に掛かる鉄橋を渡る予讃線の列車がよく見えます!


d-shikoku2017-419.jpg
その列車に向かって旗を振る体験がしたかったのですが、これは観光列車である伊予灘物語が通過する時だけという事で残念でした。


d-shikoku2017-431.jpg
肱川には列車だけでは野鳥もたくさん、この写真だけでもアオサギ、シラサギ、カワウなど14羽も集まっていて凄かったです!!


d-shikoku2017-450.jpg
昼食を決めていなかったので大洲で見つけたお店に行こうと思ったらまた駐車場問題、お城の駐車場にとめたまま歩くべきだったかもと反省。

次の目的地である松山までには何かお店が見つかるだろうと走り出しました。


d-shikoku2017-440.jpg
しかし結局何も見つけられず、目的地である松山坊ちゃんスタジアムのある松山中央公園に着いてしまいました。ここで「ラーメン、うどん、コーヒー」などと書かれた幟を見つけ行ってみると、それは松山競輪場のフードコートでした。


d-shikoku2017-441.jpg
今日はここでの開催ではなく場外発売だけで、入場料もタダだしそれほどお客さんも多くなくレストランも空いていたのでここで食べる事にしました。


d-shikoku2017-443.jpg
今日は名物でなくても思ったら、麺房さんに「松山名物三津の朝市食堂」で人気に中華そばというのがあったので、僕はこれにしました。


d-shikoku2017-438.jpg
いりこダシに野菜は炒めずスープで煮込み、野菜の甘みが溶け込んだスープは美味しかったです!


d-shikoku2017-442.jpg
AYAはりんりん亭さんのとろとろ玉子の「カツ丼」、りんりん亭という場違いに可愛い名前だと思ったら、AYAが競輪場だけにでは?気が付きました♪


d-shikoku2017-449.jpg
昼食後は松山坊ちゃんスタジアムへ


d-shikoku2017-448.jpg
こちらにある野球大国松山の歴史やプロ野球の貴重な資料や映像が楽しめる「の・ボールミュージアム」が目的だったのですが、残念ながら今日は休館日でした。


d-shikoku2017-461.jpg
辺りを散策していると元ヤクルトスワローズの古田選手の記念碑がありました。古田選手はここ坊ちゃんスタジアムで、2005年にプロ野球史上32人目とある2000本安打を達成したそうです!


d-shikoku2017-444.jpg
その近くにはヤクルトスワローズ2015リーグ制覇の記念碑、ヤクルトファンのAYAでがなく阪神ファンの僕が記念撮影してるのは何故でしょか?(爆)

それにして来週はヤクルト対中日戦が行われるそうですが、ヤクルトと縁が深い球場でしたっけ?


d-shikoku2017-451.jpg
松山から国道317号で今治に向かい今治城へ

今治城は今回で3回目、2007年8月にしまなみ街道に向かう途中に外観だけ見学、2011年9月には今治泊で夕飯帰りにライットアップされた今治城を見ました。


d-shikoku2017-483.jpg
「鉄御門」、鉄御門再建は今治城築城開町400年記念の事業として2007年に完成したそうですが、最初に来たときはなかったような気がします。


d-shikoku2017-485.jpg
1604年藤堂高虎によって築城、今治城完成以前の今治の支配拠点は唐子山山頂にあった国府城でしたが、より能率的な都市経営を目指すため築城されたそうです。


d-shikoku2017-481.jpg
構造は三重の堀に海水を引き入れた特異な構造で、当時は海から堀へ直接船で入ることができるなど海上交通の要所今治らしく海を最大限に活用した城で日本三大水城の1つ。


d-shikoku2017-482.jpg
そして今でもお堀には海水魚が入ってくるそうです。


d-shikoku2017-463.jpg
天守閣までは坂も階段もなく楽かと思いきや、建物が高くて上るのがめっちゃ大変でした。


d-shikoku2017-486.jpg
その分来島海峡大橋が見渡せる絶景でした♪


d-shikoku2017-490.jpg
あっ愛媛の人気ゆるキャラ「みきゃん」のランピングバスも見られました♪


d-shikoku2017-466.jpg
観光を終えて「ホテル菊水今治」にチェックイン。


d-shikoku2017-480.jpg
一休みしてからホテルの無料レンタサイクルを借りて、町ブラしつつ夕飯を食べに行きます。


d-shikoku2017-478.jpg
夕飯は珍しく町の中華屋さん「重松飯店」さんです♪


d-shikoku2017-469.jpg
お目当てはこの「焼豚玉子飯」、今治のB級グルメとしてテレビに取り上げられ、この日は20人ぐらいが行列してました。でも焼豚玉子飯だけ食べて帰るお客さんも多く回転は早かったです。


d-shikoku2017-475.jpg
焼豚玉子飯以外にもメニューが豊富なので、うちは餃子とエビうま煮も注文しました。


d-shikoku2017-476.jpg
「餃子」、皮薄めであっさり系の餃子、1皿7個というの珍しいですよね?


d-shikoku2017-474.jpg
「エビうま煮」、ふわっとした衣に包まれたプリップリ海老がたっぷり入ってました♪


d-shikoku2017-473.jpg
「焼豚玉子飯(並)」、焼豚はこってりとしたバラ肉とあっさりしたもも肉の2種類、あまり違いは分かりませんでしたがレンゲで半熟貴美を割って、甘めのタレ掛かった焼豚とご飯に絡めて口に入れるとめっちゃ美味しかったです!!


d-shikoku2017-471.jpg
今治の人気ゆるキャラ「バリィさん」の重松飯店(しげはん)さんオリジナルバージョンに見送られながらホテルに戻って就寝です。


5月2日(火)・4日目
宇和島駅→鉄道ホビートレイン→大洲城→昼食・松山競輪場フードコート(中華そば、カツ丼)→坊ちゃんスタジアム→今治城→ホテル菊水今治→夕食・重松飯店(餃子、エビうま煮、焼豚玉子飯)







d-shikoku2017-501.jpg
5月3日(水)・5日目
ホテルをチェックアウトして向かったのは焼肉のタレなどで有名な日本食研さんの工場、その工場は今治にありCMに使われまるで宮殿みたいと話題になりした。

工場見学は予約も必要だし時間も無いので外観だけ見たいと思っていったのですが、その外観を見るだけもセキュリティの関係で営業時間外は立ち入り不可という事で金網の外からしか見られませんでした。


d-shikoku2017-506.jpg
今治から松山道、高松道を利用して香川県へ入り、観音寺の琴弾公園にある「銭形砂絵」を見学♪

麓の駐車場から高台の展望台まで山道を15分も歩くのは大変なので、山頂駐車場を利用したのですが道が狭かったり駐車場入り口が急だったりするので、うちよりも大きくて車高の低い車はご注意下さい。(笑)


d-shikoku2017-502.jpg
有明浜の白砂に描かれた「寛永通宝」は、東西122m南北90m周囲345mもある巨大な砂絵、この展望台から見るときれいな円形に見える様に描かれています


d-shikoku2017-505.jpg
1633年、藩主の生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたといわれ、この銭形を見れば健康で長生きでしかもお金に不自由しないそうです!


d-shikoku2017-503.jpg
ただこの日は微妙に曇りで陰影がなく、残念ながら見え方がイマイチでした。


d-shikoku2017-507.jpg
昼食はやっぱり香川といえば讃岐うどんですね♪


d-shikoku2017-508.jpg
事前に色々なお店を調べてはあったのですが、駐車場の広さに惹かれて「ふくや」さんにしました♪


d-shikoku2017-510.jpg
僕はオススメの「わがままうどん」♪


d-shikoku2017-512.jpg
最近流行り?の全部のせで、あげ、豚肉、ネギ、カマボコ、温泉玉子etc、それぞれの味が混ざり合う事はなく美味しかったけど、シンプルな方が讃岐うどん感はあるかもですね!


d-shikoku2017-511.jpg
AYAは「かま玉明太」、やっぱりこういう方が讃岐うどんっぽいですよね♪


d-shikoku2017-513.jpg
昼食後は「総本山善通寺」に向かいました。


d-shikoku2017-514.jpg
弘法大師の誕生地にして真言宗善通寺派の総本山、真言宗最初の根本道場、高野山の金剛峯寺、京都の東寺とともに大師三大霊跡の1つで、空海ゆかりの国宝や大楠があり創建当時の伽藍配置を残しているそうです。

伽藍(がらん)は僧侶が集まり修行する清浄な場所で、後に寺院の主要建物群を意味するようになったそうです。


d-shikoku2017-587.jpg
「大師堂」、大師さまが御誕生された佐伯家の邸宅跡に建てられたそうです。


d-shikoku2017-515.jpg
「本堂(金堂)」で参拝。


d-shikoku2017-516.jpg
参拝後におみくじを引いてみました。


d-shikoku2017-518.jpg
僕は末吉で開運動物バッジは運気上昇・霊障解脱のご利益がある「龍」、AYAは大吉で開運動物バッジは家運隆盛・家内安全のご利益がある「鳩」でした♪


d-shikoku2017-519.jpg
善通寺といえば有名なのが五重塔、伽藍は戦国時代に焼失しており本堂(金堂)は1699年の再建、五重塔は高さ43メートル、4代目の塔として幕末に着工し明治35年に完成。


d-shikoku2017-521.jpg
その五重塔が特別公開中だったので見学、通常非公開の五智如来や、スカイツリーにも採用されたという地震などの揺れを緩和する浮いた心柱などの構造も見る事ができました!


d-shikoku2017-525.jpg
良い季節なのか今回のドライブ中はたくさんのお遍路さんを見かけました。


d-shikoku2017-543.jpg
善通寺から屋島に向かう途中、高松にある「名物かまど 高松東店」さんで一休み♪


d-shikoku2017-540.jpg
僕はアイスが食べたかったので「抹茶クリームぜんざい」にしました♪


d-shikoku2017-529.jpg
AYAは「ケーキセット」♪

ケーキは下の売店から自由に選べてAYAは「モンブランショート」にしました。甘味処らしく栗と自家製白餡をミックスさせたちょっと和風なモンブランで美味しかったです!!


d-shikoku2017-550.jpg
屋島に向かい有料道路「屋島ドライブウェイ」で山頂へ上がりました。


d-shikoku2017-558.jpg
瀬戸内海国立公園の中心で展望台として絶好の位置にあり、山頂から瀬戸内海を見下ろす景色は雄大で絶景です!


d-shikoku2017-552.jpg
「屋島寺」、四国八十八ヶ所の第84番の札所です。


d-shikoku2017-554.jpg
AYAは2008年に会社旅行仲間の皆さんと屋島寺に来た事があります。


d-shikoku2017-553.jpg
「蓑山大明神」、本堂の横には大きな狛犬ならぬ狛狸!四国狸の総大将「太三郎狸」と呼ばれる土地の氏神で、屋島の太三郎狸の化ける能力は日本一と言われているそうです。

太三郎狸は一夫一婦の固いちぎりを結んだ仲むつまじい夫婦だったので、子宝や縁結び、家庭円満などの神様としても親しまれているそうです。


d-shikoku2017-566.jpg
「蓑山塚」には様々なスタイルのタヌキがいっぱい奉納されていました。


d-shikoku2017-571.jpg
屋島名物かわら(カワラケ)投げ、これは合戦に勝利した源氏の将兵が、陣笠を山上から投げ勝どきをあげたという故事にちなむものだそうです。


d-shikoku2017-557.jpg
どこのお店でも同じ8枚200円みたいでした。


d-shikoku2017-560.jpg
この先の崖下に設置された輪っかを目指して願いを込めながら厄除け瓦を投げ、輪をくぐれば願い事が叶うそうなのでいざ挑戦!



しかし…


d-shikoku2017-559.jpg
輪を通らないどころか撮影してるカメラの枠に入ったのもたったの1回という散々な結果でした。(笑)


d-shikoku2017-565.jpg
明日が最終日なのでAYAに今日泊る琴電屋島駅周辺でお土産が買えるか聞くと「駅前は何もないよ」というので、ここでうどん技能グランプリ製造部門No1商品の「さぬきの夢うどん」など色々と購入しました♪


d-shikoku2017-570.jpg
屋島ドライブウェイで下山、途中に源平合戦で有名な壇の浦の戦いの主戦場となった源平屋島古戦場を見渡す展望台がありました。



もう1つ、目の錯覚で下り坂に見えて上り坂だったか、上り坂に見えて下り坂という「メステリーゾーン」があります。しかし車で通り過ぎるだけでは何も感じませんでした。


d-shikoku2017-572.jpg
「屋島ロイヤルホテル」にチェックイン。


d-shikoku2017-577.jpg
夕飯を食べに行く途中で琴電屋島駅前を通ると、本当に見事なまでに何もなくてビックリでした!



琴電屋島駅に電車が到着しました。


d-shikoku2017-578.jpg
夕飯は「骨付き鶏 一鶴屋島店」さんです♪

香川県の讃岐うどんと並ぶ名物が「骨付き鳥」、その中でも一鶴さんは大人気のお店で、本当は丸亀泊で本店に行く計画でしたが今日は丸亀城でお祭りがあるとかでホテルが取れませんでした。でもそのおかげで屋島観光もできたのでそれはそれで良かったかなと思います。


d-shikoku2017-574.jpg
予約無しだったので1時間ぐらい待つかなと思ったら、予想以上の行列で1時間半は掛かりそうという事、いや本当に凄い人気なんですね。

しかし途中で断念するお客さんが数組いて、結局予想より早く1時間掛からず席につけました。


d-shikoku2017-579.jpg
ビールと玉露入り緑茶で乾杯♪

骨付き鶏を待つ間「かわ酢」と「枝豆」で一杯、「かわ酢」はイメージとは違いパリパリに揚げた鶏皮をポン酢とかつお節で和えた物でした!


d-shikoku2017-585.jpg
名物の骨付き鶏は「ひなどり」と「おやどり」を注文しました。


d-shikoku2017-581.jpg
最初は「ひなどり」、骨を紙ナプキンで包んで豪快にかぶりつくと、お店オリジナルの特製スパイスで漬け込まれスパイシーで皮はパリッパリ、中は柔らかくジューシーで肉汁が溢れてめっちゃ美味しい!!!

この美味しさで軽く大瓶1本飲めちゃいますよ♪(笑)


d-shikoku2017-583.jpg
「むすび(スープ付)」、具は無しの塩むすびで、タレをつけてるのが一鶴流というでやってみるとお皿に残った旨みを吸って美味しかったです!!


d-shikoku2017-580.jpg
骨付き鶏にはキャベツが付いていて口をさっぱりさせるも良し、こちらもお皿に残ったタレをつけてもOKでした。


d-shikoku2017-582.jpg
「おやどり」、こちらも豪快にかぶりつくとひなどりとはまったくの別物でハンパない歯応えで、噛んだ瞬間よりもジワジワと旨みが溢れてきてこちらもめっちゃ美味しかったです!!!


d-shikoku2017-584.jpg
シメは「とりめし(スープ付)」、鶏の旨みがお米に染みこんだ優しい味の炊き込みご飯、このスープも絶品でシメにはぴったりでした!!

ひなどり、おやどり、どっち派という意見もありますが、次回も絶対両方食べたいというくらいどっとも美味しくて大満足でした!!!


5月3日(水)・5日目
松山道→高松道→香川県→銭形砂絵→昼食・ふくや(わがままうどん、かま玉明太)→総本山善通寺→名物かまど高松東店(モンブランショート、抹茶クリームぜんざい)→屋島ドライブウェイ→屋島寺→瓦投げ→屋島ロイヤルホテル→夕食・骨付き鶏一鶴屋島店(かわ酢、ひなどり、おやどり、むすび、とりめし、他)






d-shikoku2017-6.jpg
5月4日(木)・6日目
今日は四国1周+淡路島グルメ&ドライブの最終日です♪

GW大渋滞のプレッシャーで早朝出発して東京まで一気に帰りたい気持ちを抑え、予定通り8時に出発して国道11号で徳島県に向かいました。


d-shikoku2017-602.jpg
昼食&お土産購入のために「ゆめタウン徳島」へ


d-shikoku2017-603.jpg
昼食は「徳島ラーメン 東大」さんです♪

四国での最後のグルメは徳島ラーメン!今回徳島県では観光無しのグルメのみという事になりました。


d-shikoku2017-610.jpg
「徳島ラーメン+ライス」と「徳島白ラーメン」を注文しました。


d-shikoku2017-607.jpg
「徳島ラーメン」、豚骨スープにちょっと濃い目の甘辛い醤油ダレ、トッピングも甘辛いバラ肉めっちゃ美味しい!!そしてこの味にはには生卵とご飯が合って徳島ラーメンを食べたという満足感で満たされました!


d-shikoku2017-606.jpg
徳島ラーメンに合う生卵は何個でも無料サービス♪


d-shikoku2017-609.jpg
「徳島白ラーメン」、発祥は戦後まもなく誕生した白系だったとか、しかしこれも美味しかったんですがやっぱり徳島ラーメンというと茶系のイメージなのでそちらをオススメします♪


d-shikoku2017-612.jpg
「阪神タイガースショップ」を発見!

何でも徳島県内には阪神ファンが多いので球場などに行かなくてもグッズを買えるようにとの事、何故と思ったけど兵庫県と徳島県は瀬戸内海を挟んでるけどお隣同士だからなのかな!?


d-shikoku2017-611.jpg
昨日はマスコットキャラクター「トラッキー」の握手&撮影会があったそうで、1日違いで残念でした。


d-shikoku2017-614.jpg
売り場にはレプリカユニホームや応援バット、Tシャツ、タオルなどたくさんのグッズが並んでいます。


d-shikoku2017-615.jpg
阪神タイガース×スヌーピーのコラボグッズをゲットしました♪


d-shikoku2017-639.jpg
最後のお土産購入をして四国での観光&グルメは全て終了しました。


d-shikoku2017-617.jpg
給油をして鳴門ICから高速に上がり、初日に渡って四国入りした「大鳴門橋」に戻ってきて、これで念願の四国ぐるっと1周を達成しました!!!


d-shikoku2017-619.jpg
淡路島を北上、改めて意識をするとめっちゃ大きい島で、大き過ぎて島という感じがしないくらいですね。


d-shikoku2017-620.jpg
淡路SA上りで休憩♪


d-shikoku2017-627.jpg
初日に淡路SA下りで食べたかったけど、後でグルメれなくなると諦めた「明石名物あかしやき」を購入。


d-shikoku2017-628.jpg
熱々ふわっふわでダシもしっかりして美味しかったです!!


d-shikoku2017-624.jpg
これでプラスした淡路島の観光&グルメも終了、あとは無事に東京まで帰るだけです。


d-shikoku2017-630.jpg
淡路SA上りを出発、明石海峡大橋を渡ろうとしたら反対車線が淡路SA下り入る車で大渋滞で、延々と明石海峡大橋を渡った先まで続いていました。


d-shikoku2017-650.jpg
淡路SAは上りと下りが繋がっているみたいなので、1つ先のICで降りて戻って来たほうが早いかも!?


d-shikoku2017-649.jpg
なんて他人の心配をしている場合ではなく、うちもどこで渋滞に巻き込まれるか分かりません。しかも関西地方の渋滞事情が分からないうえにルートもナビ任せで逃げようがないのですから。(笑)


d-shikoku2017-631.jpg
ナビ任せで阪神高速3号線で神戸を抜けて名神へ、その後最近は新名神を利用していますが、AYAが見つけてくれた渋滞予測案内に四日市付近で大渋滞になるという情報があったので名神を選択しました。


d-shikoku2017-632.jpg
予測不能な事故渋滞が数キロあったものの大事にならず、名古屋から新東名に入り「長篠設楽原PA」で休憩&夕飯です。


d-shikoku2017-633.jpg
夕飯は僕は「カレーライス」にしました。

ここは長篠の戦いあった場所で戦国武将をイメージしたグルメがあって、普段なら飛びつくところですが何だかグルメ疲れして凄く普通の物が食べたくなってました。


d-shikoku2017-634.jpg
AYAも普通に「冷やしきつねきしめん」、あっでもきしめんは名物ですね。凄く美味しかったそうです♪


d-shikoku2017-635.jpg
夕食後はここでしばらく仮眠しました。

再出発して浜松SAで計算してギリギリ帰り着けるだけ分だけ20L給油、順調に走る続けるも東名秦野中井ICと横浜町田IC付近で10数キロづつ渋滞しているというので、新清水PAでもう一度仮眠をして時間調節。


d-shikoku2017-636.jpg
日付が変わった頃には渋滞も減少、秦野中井IC付近で少し流れが悪くなった程度で問題ありませんでした。


d-shikoku2017-637.jpg
海老名SAでの最終休憩後は東名も首都高も渋滞無く、深夜2時頃に無事帰宅しました♪


5月4日(木)・6日目
屋島→徳島県→ゆめタウン徳島→昼食・徳島ラーメン東大(徳島ラーメン、徳島白ラーメン、他)→阪神タイガースショップ→四国1周達成→兵庫県→淡路SA→明石名物あかしやき→名神→新東名→夕食・長篠設楽原PA(カレーライス。冷やしきつねきしめん)→帰宅







25r-kochi-11.jpg
四国1周+淡路島グルメ&ドライブ2017のデータ追加して各ページを更新しました♪

全国名物&グルメTOP

徳島グルメを更新♪  高知グルメを更新♪  愛媛グルメを更新♪ 

香川グルメを更新♪  兵庫グルメを更新♪

今回も美味しい物、初めての物をたくさん!高知では土佐ジローのトサカ、愛媛では生サバの刺身を初めて頂きました!美味しい物は全部ですがその中でも香川の骨付き鶏、愛媛の鯛めし、高知のあか牛、徳島の阿波尾鶏、やっぱり書ききれないですね♪(笑)


全国25R物語TOP

徳島県と25R♪(未更新) 高知県と25Rを更新♪ 愛媛県と25Rを更新♪

香川県と25R♪
(未更新) 兵庫県と25Rを更新♪

何といっても今まで全都道府県で最低枚数の3枚だった高知県と25Rを充実できて良かったです♪


全国ラーメングルメを更新♪
高知で鍋焼きラーメンを食べて四国を制覇しました!


全国名城巡りを更新♪
残り1都2県、年内の全国制覇も夢じゃない!?







d-shikoku2017-701.jpg
四国1周+淡路島グルメ&ドライブ2017の運転総括です♪

今回は天候に恵まれ、GW渋滞にも巻き込まれず、そして何といっても昨年からの右手首痛などによる体調不良を再発する事なく、無事に帰ってこれた事で大成功でした!

細かい点では佐田の沈下橋に辿り着けなかったり、相変わらずナビ頼りで狭い道に案内され慌ててUターンしたりもあったので今後の反省点にします。(笑)

ガソリン(ハイオク)給油に関しては往路高速SA158円、徳島129円(スピードパス3円引き価格)、高知146円、今治139円、徳島129円(スピードパス3円引き価格)、復路高速SA155円でした。

給油してからこっちの方が凄く安かった!という事は無かったので、その地域内では標準価格ぐらいで入れられたと思います。

ただ初日に入れた徳島は元値が安いうえにスピードパスが利用できるエクスプレスだったので、最終日ここでできるだけ多く入れられるように4日目愛媛県松山で給油すればOKと思っていたら、昼食探しに気を取られ忘れてしまい今治での給油になりその分最後の給油が減りちょっと残念でした。

それにしても前回の四国ドライブでも感じた四国内のガソリン価格差の大きさ、安い徳島は132円で高い高知は146円と14円もの差があるのが不思議ですね。








d-shikoku2017-702.jpg
「徳島県土産」

今回グルメだけだった徳島県ですが、最終日にゆめタウン徳島に寄ったのでお土産がたくさんになりました!

「和風スイートポテト」、和三盆を使った鳴門金時のお菓子、そのままだと口当たりがイマイチで電子レンジで温めると滑らかな食感になって美味しかったです。


d-shikoku2017-704.jpg
「香川土産その①」

「灸まん」、母や友人のお土産に一六タルトかかまどを考えていたら意外に賞味期限が短くてどうしようかと思っていたら、AYAにススメられたのが灸まんでした。


d-shikoku2017-711.jpg
僕は初めてでしたが金毘羅で一番有名なお菓子で天皇陛下にも献上されたとか?あっさりした栗饅頭のようでした♪


d-shikoku2017-708.jpg
「香川県土産その②」

今回のドライブ中どこで食べたお米も美味しかったので香川県産のお米を買ってみました。早速炊いてみると凄く香りよく炊き上がりました♪


d-shikoku2017-703.jpg
「高知県土産その①」


d-shikoku2017-712.jpg
「高知県土産その②」


d-shikoku2017-705.jpg
「愛媛県土産」

「一六タルト」、ゆずはそれほど得意じゃいないのに何故かタルトは好きだったりします♪(笑)

期間限定「甘夏みかん」と初めてのの抹茶(新商品?)、甘夏みかんは愛媛県産甘夏みかんを使用した爽やかな香りと甘酸っぱいタルト、抹茶はタルト感はあまりないけど抹茶菓子としては美味しかったです。


d-shikoku2017-706.jpg
「淡路島土産その①」


d-shikoku2017-713.jpg
「淡路島土産その②」

帰宅してビールを飲むためのツマミとして購入した「たまねぎ天」、大きくカットされた淡路島産の新玉葱がたっぷり入って、シャキシャキとした食感と新玉葱の旨みでめっちゃ美味しかったです!!


d-shikoku2017-710.jpg
「スヌーピー土産」、鳴門の渦潮につかまってる姿がめっちゃ可愛い!!!


d-shikoku2017-709.jpg
「阪神タイガース土産」、淡路SAは兵庫県なので阪神タイガース土産がたくさんありました!それからゆめタウン徳島の阪神タイガースショップで購入したグッズもあります♪







photo17-05-30.jpg
四国1周+淡路島グルメ&ドライブ2017のカップ麺&袋麺一覧です♪

カップ麺&袋麺を探すのに苦労する県もある中、今回は早い段階でこの「四国のインスタントラーメン」を発見!こういうのがあってくれるとこの企画も楽なんですけどね!(笑)


cup-tokushima-001.jpg
「徳島県のカップ麺&袋麺」

徳島には「金ちゃんシリーズ」を作るメーカーさんがあるのと、徳島ラーメンというブランドラーメンがあるのでたくさんゲットできました。


cup-kochi-001.jpg
「高知県のカップ麺&袋麺」

道の駅須崎で食べた鍋焼きラーメンがめっちゃ美味しかったので、しんじょう君の「鍋焼きラーメン」に期待して鍋焼きラーメンの定義通りチクワや玉子も入れて作ってみると、お店とは全然違い普通に即席麺だったのですが即席麺の中ではかなりの美味しさでした!!これ最初に見つけた5袋セットは多いなと思いわざわざ単品を探してしまったのが残念なくらい美味しかったですよ♪


cup-ehime-002.jpg
「愛媛県のカップ麺&袋麺」

愛媛県では「四国のインスタントラーメン」以外見つけられなかったので、本当にこのシリーズに助けられました。(爆)


cup-kagawa-001.jpg
「香川県のカップ麺&袋麺」

オリーブラーメンはマツコ・デラックスさんが絶賛というので購入、麺のツルツルっとした独特の食感でラーメンというよりスパゲティかひやむぎのようでした♪


cup-asaka-002.jpg
おまけ「大阪のカップ麺&袋麺」

淡路島で特産の玉葱を使ったカップ麺&袋麺を探したのですが生ラーメンタイプしかなく、それ以外でも兵庫県のカップ麺&袋麺みつからず残念でした。


全国カップ麺&袋麺土産を更新しました♪