美味しい物求めて黄色い愛車(トミーカイラ25R)で全国をドライブ中♪^^
ajinomoto2015-001.jpg
味の素の工場見学に行ってきました♪


ajinomoto2015-002.jpg
味の素の工場は川崎にあります。森下駅から大江戸線、大門駅で京急に乗り換えて川崎駅へ、ここから京急大師線で2駅先の「鈴木町駅」で下車すると、目の前に味の素の工場があります!

この駅は昭和19年まで「味の素前駅(あじのもとまええき)」という名前だったそうです。現在の鈴木町駅という名前も、味の素の前身である鈴木商店の創設者である鈴木三郎助さんちなんで付けられたそうです。


ajinomoto2015-004.jpg
味の素は1914年創業で、昨年2014年に創業100周年を迎えました♪


ajinomoto2015-032.jpg
その100周年を記念して、先月オープンした「味の素グループうま味体験館」です!

これにより今までは「ほんだし見学コース」だけでしたが、「味の素見学コース」も新設、今日はその新設された味の素見学コースの工場見学&味の素瓶封入体験をします。


ajinomoto2015-006.jpg
受付をしてアジパンダくんと記念撮影♪


ajinomoto2015-040.jpg
スタート時間になって1階のシアタールームへ、壁4面を使った360度スクリーンで、味の素の素である旨みの発見から、進化の過程などが紹介されました。


ajinomoto2015-008.jpg
続いて工場模型を使っての生産工程説明です。

現在味の素の生産は全て海外工場で行われていて、ここ川崎工場では瓶への封入と梱包だけしか行われていないので、模型を使って説明を聞きました。

原材料の収穫→しぼって糖蜜を精製→糖蜜を発酵させグルタミン酸生産→ナトリウムと結合→味の素が完成!

製造工程で出る副生物は肥料として、農産物の栽培に使用してリサイクルしているので、環境に配慮した製品なんだそうです。


ajinomoto2015-043.jpg
味の素の原材料はさとうきび、トウモロコシ、キャッサバ(芋)などで身体にも良い物ばかり、それなのに何故か僕が子供の頃に、身体に悪いというデマがあったので、実はほとんどというか、まったく食べた事がありません。^^;


ajinomoto2015-041.jpg
味の素の歴史についてお勉強、駅名にもなった鈴木三郎助さんも紹介されました。


ajinomoto2015-010.jpg
アジパンダくんバスに乗って工場見学に出発♪


ajinomoto2015-003.jpg
基本バスの内からの見学で写真撮影は禁止です。東京ドーム8個分という広い工場内、ほんだし製造工場、製品倉庫、トラック搬出口、各種研究棟などを回りました。


ajinomoto2015-012.jpg
唯一「発酵タンク」は降りての見学&写真撮影可です♪


ajinomoto2015-011.jpg
現在は川崎工場で味の素は生産されていないので、稼動はしてませんがその名残として保存されているみたいです。この大きな発酵タンクは1990年代まで使用していて、当時は2日間で発酵させ1回に75g瓶を70万本生産していたそうです!


ajinomoto2015-015.jpg
うま味体験館に戻って白衣に着替えて、味の素味の素瓶封入体験の準備♪


ajinomoto2015-014.jpg
体験ルームに入るのには、普段従業員の皆さんが行っている、衛生管理と同じ行程を体験をします。踏むだけ一発装着の靴カバーをして、コロコロで埃を取って、石鹸で手を洗い、エアシャワーで細かい埃まで落として入室、最後に手をアルコール消毒しました。


ajinomoto2015-016.jpg
最初に瓶、内蓋、蓋、包装用紙とチェックシートを受け取ります。


ajinomoto2015-017.jpg
上部に味の素が詰まった充填機の前に座り、台座を引き出して瓶をセットします。


ajinomoto2015-018.jpg
左にあるレバーを倒すと、上部から一定量の味の素が瓶に入ります。


ajinomoto2015-020.jpg
隣のハカリにのせて計量、合格範囲内である事を確認します。体験なので必ず適量なのかと思ったら、オーバーした方も居たのでご注意下さい。(笑)


ajinomoto2015-021.jpg
内蓋と蓋をして充填は終了。


ajinomoto2015-022.jpg
次は金属異物混入検査、先に金属入り瓶で金属居探知機が正常に作動しているかチェックしてから、自分の製品をチェック、問題ありませんでした。


ajinomoto2015-023.jpg
最後に製品を台座にセットして、ビニールで梱包したら完成です!


ajinomoto2015-025.jpg
思っていたよりも充実した内容で、とても楽しかったです♪


ajinomoto2015-026.jpg
部屋に戻って事前に書いた持ち込み票をチェックして、忘れ物が無いかもをチェック、こんなところまで徹底してるんですね。


ajinomoto2015-027.jpg
次の体験はうま味の実力、味の素の実力体験です!

最初は配られたままの汁を一口、これはお湯に味噌を溶いただけで物足り味でしたが、これに味の素を入れるとダシの香るお味噌汁になって美味しい!うま味成分味の素って結構凄いんですね~


ajinomoto2015-029.jpg
お土産を頂いて味の素うま味体験&工場見学は終了です♪


ajinomoto2015-042.jpg
帰りにアジパンダショップへ


ajinomoto2015-030.jpg
色々な味の素製品と一緒に、たくさんのアジパンダグッズも並んでいました。


ajinomoto2015-031.jpg
一番人気はやっぱり味の素!AYAの記憶ではピンクアジパンパンダ味の素は、以前は工場見学した人が貰える非売品だったとか?今でもこのアジパンダショップでしか売ってないのかな?


ajinomoto2015-044.jpg
そのピンクアジパンダ味の素など購入、アジシオストラップは開館記念としてプレゼントされました。(ピンクのアジパンダは妹のアジパンナなのかな?)


ajinomoto2015-045.jpg
工場見学土産はほんだしと回鍋肉の素でした♪









kawasaki2015-015.jpg
川崎大師に初めて行ってきました♪

昨日、味の素の工場見学体験した後、有名なのにまだ行った事がなかった川崎大師が近いというので行ってきました。鈴木町駅から川崎大師駅まで1駅なので、天気も良かったので散歩がてら歩いて向かいました。

駅前に川崎大師の表参道入り口厄除門があります。


kawasaki2015-004.jpg
昼食はその表参道にある「料亭恵の本」さんです♪

江戸時代創業の老舗料亭さんで「蛤なべ」などが名物ですが、お店が中で2つに分かれているようで、今日頂くのは手前の「穴子料理」が名物の寿司屋さんです。


kawasaki2015-001.jpg
「江戸前天ぷら」、穴子、キス、メゴチ、ハゼ、江戸前の天ぷらの盛り合わせ、キスは上品な味わいでハゼはしっかり旨みがありました。名物の穴子の身は肉厚でふんわりとして、食べ応え味共に満足でした♪


kawasaki2015-002.jpg
「ランチにぎり」、平日なのでお得なランチセットが頂けました♪


kawasaki2015-003.jpg
「あなご寿司」、肉厚の穴子をふっくら柔らかく煮あげ、穴子の味を邪魔しないあっさり目の煮詰めも良く、めっちゃ美味しかったです!


kawasaki2015-005.jpg
昼食を終えて川崎大師へ


kawasaki2015-007.jpg
毎年お正月三が日には260万人以上の参詣者が訪れ賑わう川崎大師は、厄除のお寺として全国的に有名ですね。

正式の名称は真言宗・智山派大本山金剛山金乗院「平間寺」、ご本尊は厄除弘法大師尊像、1813年 第11代将軍徳川家斉が41才の前厄にあたり厄除を祈願に公式参拝した事により、厄除の効験があるとして庶民はもとより武士階級にまで信仰が広まって、日帰りのできる関東の代表的な霊場として多くの人々が訪れるようになり今日に至っているそうです。


kawasaki2015-008.jpg
本殿で厄除け、家内安全をお参りさせて頂きました。


kawasaki2015-009.jpg
境内を散策、「八角五重塔」は昭和59年に吉例大開帳ならびに弘法大師1150年御遠忌を記念し落慶されたそうです。この五重塔は、境内と諸堂宇との調和を考慮し、さらに真言の様式にかなうよう華麗にして格調ある「八角」としたもので、八角は最も円に近い建造物の形といわれ、「包容力」「完全性」を象徴しているそうです。


kawasaki2015-012.jpg
「遍路大師尊像」は、昭和48年の弘法大師ご誕生1200年記念事業として造顕され、毎年9月20日には遍路大師年祭が執り行わるそうです。

遍路大師尊像には健康、健脚を祈念して、多くのわらじがお供えされていました。


kawasaki2015-014.jpg
「新四国八十八ヶ所霊場」も創設されていましたが、ここを歩くだけでお遍路さんと同じ効果があるんでしょうか!?^^;


kawasaki2015-006.jpg
参拝を終えて仲見世通りへ、平日だと驚くほど空いてるんですね。ここで川崎大師名物の葛餅を使ったパフェを食べる予定でしたが、お腹がいっぱい過ぎてパスしました。


kawasaki2015-018.jpg
そこで周辺で何件ものお店を構える「住吉屋」さんで、葛餅をお土産にしました。


kawasaki2015-016.jpg
もう一つ川崎代名物としてテレビでも紹介された「ダルマサブレー」も購入して帰宅しました♪







...
photo506-29-04.jpg
川崎大師土産の「久寿餅(くずもち)」と「ダルマサブレー」です♪

久寿餅(くずもち)は川崎大師の名物で、参道や仲見世にたくさんのお店があります。その中で店舗数が一番多くて人気なのかな?という事で「住吉屋総本店」さんの久寿餅(くずもち)を購入しました。


photo506-29-02.jpg
川崎大師(関東?)の「久寿餅(くずもち)」は、「葛餅」と違って小麦粉のでんぷんを乳酸菌で発酵させて作るので、葛は使われていないそうです。

久寿餅に黄粉と黒蜜をたっぷり掛けて食べると美味しい!けど、その美味しさは黄粉×黒蜜の美味しさで、久寿餅そのものはあまり僕の口には合いませんでした。

次回川崎大師訪問では、今回パスした久寿餅パフェを食べいくかもしれませんが、僕は別メニューにしようと思います♪^^;



photo506-29-05.jpg
ダルマも川崎大師の名物で、多くのお店で売られていました。その名物のダルマを模ったのが喜久千代ベーカリーさんの「元祖ダルマサブレー」です♪

サブレーはどれも同じ感じですが、そんな中では食べた後に独特の香りする特徴があって美味しかったです!